パンフレット印刷はプロに任せるのが先決!

カラーチャート

チラシを使って宣伝しよう

広告

さいたまでチラシを使った宣伝を考えているのであれば、予算と宣伝効果を考えて配布方法を検討するようにしましょう。またチラシ配布で利用する業者を選ぶ時には、印刷の質も考慮も必要です。高品質のチラシであれば、商品の魅力が伝えやすくなります。

詳細を確認する

專門業者が安心

冊子

安価でできるところがある

パンフレット印刷は専門業者に頼みましょう。印刷業者がお勧めです。ただし、印刷業者といっても、パンフレット印刷は取り扱っていないというところもあります。チラシやフライヤー、はがきなどの印刷を請け負っているところは、比較的、パンフレットも行っているので安心です。対応ジャンルをまずは確認しておきましょう。中には、安価でできるところもあります。デザインや部数などによって多少の違いはあるものの、大規模な印刷会社に発注するよりは安価です。というのも、この手の印刷業者は、チラシやパンフレットの印刷だけを手がけているからです。専門的に行っているからこそ、安くできるということになります。インターネットで印刷業者を探してみましょう。見積もりを取って比較します。

デザインを選べる

パンフレット印刷をチラシやはがき印刷の専門業者に発注すると、自分好みのデザインにすることができます。デザインに自信がない場合には、業者が提案してくれたデザインやテンプレートなどを参考にしてみましょう。そのまま使用することも可能です。レイアウトに関しても、きちんと相談に乗ってくれます。もちろん、パンフレット印刷といっても用途に応じてデザイン性は違ってきます。会社案内ともなれば、かなり細部にまでこだわったものを制作しなくてはなりません。一方、イベントなどで配布する学生サークルの紹介パンフレットのようなものは、簡易的に作ることができます。用紙も安価なものを選択し、カラーも二色展開などで抑えると、一部数十円もせず作成することも可能です。

DMの発送コストを下げる

はがき

圧着ハガキは、特殊加工した紙を折りたたんで圧着し、ハガキサイズにした郵便物です。ハガキ料金で送れるにも関わらず封書並の情報量を掲載できることから、ダイレクトメールの発送コストを節減するのに役立ちます。

詳細を確認する

一目でわかるデザインに

診察券

診察券を作るときには、一目でその病院のものとわかるデザインにすることが重要です。例としては、歯医者の場合は歯のイラスト、眼科であれば目のイラストを入れるという方法があります。わかりやすいイラストが入っていれば、財布などからすぐに診察券を取り出すことができるでしょう。

詳細を確認する