DMの発送コストを下げる|パンフレット印刷はプロに任せるのが先決!

パンフレット印刷はプロに任せるのが先決!

印刷

DMの発送コストを下げる

はがき

ハガキで封書並の情報量

郵便による情報発信は、伝達のスピードこそ電子メールに劣るものの、今でも多くのメリットを有する通信手段です。特にダイレクトメールなど商業目的で利用する場合は、顧客のポストに直接投函されることで「特別な情報」であるというムードを醸成することができ、高い広告効果が期待できます。ただ、1通当たりのコストで見ると電子メールより郵便の方が割高なのは明らかです。そこで、通信料金を節約するための工夫が必要になります。そんな節約手段の1つとして今、人気を呼んでいるのが圧着ハガキです。圧着ハガキは、通常の郵便ハガキよりもはるかに多くの情報を掲載することができるにも関わらず、ハガキ料金で発送することができる郵便物です。

通信の秘密も保証される

圧着ハガキは横に長い用紙の表面にニスを塗り、2つ折り、または3つ折りに折りたたんで熱で圧着することでハガキサイズにした郵便物です。特殊な印刷加工技術が必要となりますが、専門に手がけている印刷業者も多く、通販感覚でネット経由で注文できるところも少なくありません。圧着ハガキのメリットは、1つは先述した通り掲載可能な情報量が普通のハガキより多いことです。2つ折りであれば2倍、3つ折りであれば3倍の情報を盛り込むことができ、封書にも引けをとらなくなります。もう1つのメリットは、通信の秘密が保たれることです。圧着面は郵送中に簡単に剥がれてしまうようなことはなく、しかもいったん剥がせば二度とくっつきません。そのため、顧客ごとの特別キャンペーンなどを告知するのに適しています。